お肌のスキンケアは若いうちから

お肌のスキンケアは若いうちから

最近の若い人は、美容にもかなり敏感なので、かなり小さいときから、スキンケアっていうのは、お母さんと一緒にしてそうですね。特にお肌のトラブルのある子供っていうのは少なくなったなって思います。もっとニキビの多い子供たちは、私の若いころは多かったなって思います。みんなちょっとのニキビっていうのでもなくて、自己流で潰していたりしてました。今の子供でそういうのってすくないなって思います。その辺の中学生をみていても、綺麗な肌の子供が多いです。みんなきちんと洗顔とかを使って、念入りに洗っているんだろうなって思います。今はドラッグストアにいっても、セルフで化粧品とかを簡単に購入することができます。美容部員の人に、みてもらってというのでなくても、安価で手に入れることができるので、そういうのでケアしてるんでしょうね。きちんと若いうちからケアしてるほうが、年齢があがったときに、その差が出てくるようなきがします。

本当は、いいものを、若いときからつけていくほうがいですね。天然成分のもので、肌に優しいもので、化粧水も使っていくと、ある程度の年齢までずっとそれでいいんだと思います。まだ若いので、そこまで高級なものは使わなくてもいいだろうなって思います。でも毎日のケアっていうのは怠ってると、やっぱり、荒れてkちあり、肌のトラブルっていうのはでてきます。根気強く手入れすることが、将来のお肌づくりには欠かせないことなのかもしれないですね。ある程度の年齢になったら、ここでいいものを投入していきたいです。その年にあったもので、はだに一番あうものをみつけて、いい状態をキープしていきたいです。どんどん化粧もしていくので、そのために、基本となるスキンケアは重要だと思います。トラブルのあるところに、化粧をするのはなんとなくできないです。余計に悪化してしまいそうですね。そうなる前に直していくには、綺麗に落として、十分な水分と油分が必要です。