お肌のスキンケアは若いうちから

お肌にたっぷり潤いをあげるスキンケア

知らない間にお肌によくないことをしてしまっているんだなと気づかされることが最近多いです。その一つが夏場のスキンケアです。冬場は乾燥が気になるのでしっかりクリームを塗ったりして乾燥を防ぐようにしています。しかし汗をかいたりと暑くなりはじめると、化粧水だけですましてしまって、乳液やクリームなどは使うのはやめてしまいます。クリームはともかく、乳液はやはり必要なようですね。しかし、どうしてもあぶらっぽくなったり、ニキビができたりすると、乳液のせいじゃないかとか思ってしまいます。またべたべたするようにかんじられて、化粧水も少しだけ、ということもあります。しかしそれがかえって、肌をべたべたさせてしまうようですね。

やけにべたつくのは夏だから、汗のせいだと思っていましたが、汗と皮脂はまた違いますよね。やけに皮脂がでてきてべたべたするのは肌にうるおいがないからだと思います。乳液は夏場はほとんどつけていませんでした。その夏の間に乾燥しきった肌が悲鳴をあげているのかもしれません。べたべたは化粧品のせい・・・と思っていましたが、そういうことはないんですね。夏はクーラーや汗をたっぷりかくせいで夜でも喉がかなり乾いて水を飲みます。同じように肌も水分を求めている・・・ということなのかなと思います。お水をあげるわけにはいかないので、ちゃんと保湿成分たっぷりのケアをしてあげないといけませんよね。お肌が乾燥していないかは見た目でもチェックし、ちゃんと保湿してあげたいなと思います。