お肌のスキンケアは若いうちから

お肌のためにもスキンケアは欠かさず行いましょう

私は以前まで、洗顔後に化粧水をつけるだけでした。夜更かしすることも多く、そのせいかお肌は酷いものでした。仕事へ行くときはお化粧をして肌の汚さをごまかしていたのですが、あるとき友人と海へ行く機会がありました。そこで驚いたのが、友人たちはみんなすっぴんだったのです。海へ入るから化粧はして来ていないとのことでした。私は肌のコンプレックスを隠すため、べったり化粧をして行きました。顔をなるべく水につけないよう注意しながら泳いでいたので、かなり浮いてしまっていましたね。友人にも「大丈夫?」と聞かれ、とても恥ずかしい思いをしました。その日を境に、私はお肌の改善を目指すことを決意しました。

まずは、洗顔後のスキンケアですね。化粧水に加え、保湿クリームを塗るようにしました。ガサガサ肌なので、しっかり保湿してあげます。これを毎日行うことで、お肌の質も徐々に変化していったように思います。確かに最初は面倒でしたが、お肌を綺麗にするという強い意志を持って、続けました。次に気をつけることは、寝る時間を早めることです。夜更かしはお肌の最大の敵といってもいいでしょう。毎日寝不足では、当然お肌が綺麗になるはずもありません。そこで午後10時を過ぎたら布団に入る生活をするようにしました。生活リズムを変えたことで、ニキビが全くできなくなったのです。これにはとても驚きましたね。お肌の改善に、睡眠は必要不可欠であることを知りました。これらのことを続けたことで、今では化粧いらずのお肌になりましたよ。